XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報

XM評判・口コミ – 投資マネーまとめ速報は、海外FX業者「XM」の評判・口コミに関する2chまとめと、FXや株などの投資、経済、お金儲け系情報の2chまとめサイトです。

「 月別アーカイブ:2015年11月 」 一覧

米研究「幸せはお金で買えるよ。ま、パソコンやスマホやゲームに使ってるようじゃダメだけどね」

幸せ
1: XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報 (ワッチョイ 5bc3-5WzS) 投稿日:2015/11/23(月) 22:47:47.32 ID:ZcJ0w0VT0
「幸せはお金で買える」 ただし使い方次第 米研究

幸せはお金で買えるかもしれない。ただし、どの程度幸せになれるかは、お金の使い方による――。米ハーバード大学ビジネススクールの教授がそんな説を披露した。

この説は同大のマイケル・ノートン教授が今月開かれたニューヨーク・タイムズ紙の講演会で発表した。出費行動について科学的な研究を進めた結果、物にお金を使うよりも、体験のために出費した方が一般的には幸福度が高いことが分かったという。

例えば友人との夕食や休暇などは一時的な体験にもかかわらず、テレビやコンピューターやスマートフォンなど持続する物を買うより幸福になれる傾向があった。テレビやスマートフォンは1人で黙って見たりゲームをしたりといった行動に使われるのに対し、旅行に出かければ友人や家族との絆が深まったり新しい場所を訪れたりして思い出ができるとノートン氏は指摘。友人と食事に行くといったちょっとした体験にも、それと同じことが言えると解説する。

一方、高額商品を買う場合、購入前から機種の選定や値段のことで悩み、注文した商品が予定通りに届くかどうか心配し、購入した後も設定でストレスが募るなどして、その時点で価値の一部が失われる。

これに対して休暇やデートは待つこと自体で気分が高まる。休暇の場合、実は出発の前日が最も幸福度が高くなるという。
「体験はそれが起きる前から私たちを幸せにする」とノートン氏は言う。

旅行先で出発便が遅れたりホテルにがっかりしたり、新婚旅行でトラブルが起きたりすることもある。それでも帰宅した後は幸せな思い出の方が残りがち。「体験は消えてしまうからこそ、私たちは素晴らしかった現実を作り上げ、幸せになることができる」とノートン氏は解説している。

http://www.cnn.co.jp/fringe/35073880.html

【米研究「幸せはお金で買えるよ。ま、パソコンやスマホやゲームに使ってるようじゃダメだけどね」】の続きを読む

XM 2ch評判・口コミ 今キャンペーンやってる100%入金ボーナスってどうよ?

XM 100%ボーナス
682: Trader@Live! 2015/11/27(金) 07:49:16.64 ID:s0Ut1uMz.net
ボーナスのために一旦ねてら出金して再入金したら何日かかる?

【XM 2ch評判・口コミ 今キャンペーンやってる100%入金ボーナスってどうよ?】の続きを読む

【経済】アベノミクス、大丈夫か? 消費者物価3カ月連続下落 10月、マイナス0・1% 日銀目標と開き

  2015/11/30    マネー系2chまとめ ,

アベノミクス
1: (`・ω・´)神です ★ 投稿日:2015/11/27(金) 12:40:13.07 ID:CAP
2015.11.27 11:43

 総務省が27日発表した10月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は前年同月比0・1%下落の103・5で、3カ月連続のマイナスとなった。電気代をはじめとするエネルギー価格が落ち込んだことが響いた。総務省は「エネルギー価格の下落を除けば、物価の上昇基調は変わらない」と分析している。

 同日発表の10月の完全失業率(季節調整値)は3・1%と約20年ぶりの低水準となったものの、10月の家計調査の1世帯当たり消費支出は物価変動を除いた 実質で前年同月比2・4%減と2カ月連続の減少となり足踏みが続く。

 雇用の改善が消費拡大に結び付いていない状況で、デフレ脱却を目指し2%の物価上昇目標を掲げる日銀の方針と実体経済の開きは大きい。経済再生を最優先課題とする安倍政権のかじ取りは正念場に差し掛かった。

引用元 http://www.sankei.com/economy/news/151127/ecn1511270015-n1.html

【【経済】アベノミクス、大丈夫か? 消費者物価3カ月連続下落 10月、マイナス0・1% 日銀目標と開き】の続きを読む

【経済】日本の勤労者はまた失望か、冬のボーナス1~2%減予想

仕事したくない
1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2015/11/26(木) 20:27:24.22 ID:CAP
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NYEGOC6JIJUO01.html

 (ブルームバーグ):脆弱(ぜいじゃく)な日本経済にはこれ以上悪いニュースは必要ないはずだが、もう1つ悪材料が出てきたようだ。サラリーマンの冬のボーナスが減少するというアナリスト予想がそれだ。BNPパリバによると、正社員の年末賞与は平均で1%減ると見込まれている。三菱UFJリサーチ&コンサルティングの予測では2.1%減となる見通し。これは夏のボーナスが減少した勤労者にとって苦い薬であり、個人消費や経済成長のてこ入れを目指して賃上げを呼び掛ける安倍政権の失望を誘うものだ。ボーナスよりも個人消費への影響力が大きい毎月の基本給は伸びているものの、安倍政権や日銀の期待をこれまでのところ下回っている。元日銀エコノミストで現在はJPモルガン証券シニアエコノミストの足立正道氏によると、基本給は来年、約0.5-1%の伸びになる可能性がある。日銀の黒田東彦総裁は先週、賃金の上昇について、史上最高となっている企業収益や雇用のひっ迫からすると「やや鈍いという感は否めない」と発言した。BNPやゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは、企業が2015年に賃金を多少引き上げたため、ボーナスやその他給付を抑制した可能性があると分析する。そうだとすれば、冬のボーナスで減った一部が来年の春闘で給与に戻されるというわずかな希望を勤労者にもたらすかもしれない。

【【経済】日本の勤労者はまた失望か、冬のボーナス1~2%減予想】の続きを読む

【経済】甘利明経済再生担当相 最低賃金1000円、2020年代半ばに実現したい[11/24]

  2015/11/30    マネー系2chまとめ ,

甘利明経済再生担当
1: 白夜φ ★@\(^o^)/ 投稿日:2015/11/27(金) 16:42:22.05 ID:CAP
最低賃金1000円、2020年代半ばに実現したい=甘利経済再生相
REUTERS  2015年 11月 24日 21:29 JST
http://jp.reuters.com/article/2015/11/24/amari-wage-idJPKBN0TD1D020151124


東京 24日 ロイター] – 甘利明経済再生担当相は24日の経済財政諮問会議後の記者会見で、最低賃金を2020年代半ばには全国加重平均で1000円に引き上げたいと述べた。

甘利経済再生相によると、諮問会議では安倍晋三首相が、最低賃金を年率3%程度を目途とし、名目国内総生産(GDP)成長率にも配慮して引き上げていくことが必要と指摘。全国加重平均で1000円を目指すと述べた。

菅義偉官房長官は名目GDP600兆円を2020年ごろ実現するため、最低賃金のさらに思い切った引き上げが必要で、法人税を2016年度に20%台まで引き下げるようさまざまな方策を検討すべき、と述べたという。

麻生太郎財務相は、16年度の社会保障関係費について、概算要求額の6700億円増から5000億円増程度に抑えていかないとならない、と指摘した。
(竹本能文)

【【経済】甘利明経済再生担当相 最低賃金1000円、2020年代半ばに実現したい[11/24]】の続きを読む