XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報

XM評判・口コミ – 投資マネーまとめ速報は、海外FX業者「XM」の評判・口コミに関する2chまとめと、FXや株などの投資、経済、お金儲け系情報の2chまとめサイトです。

「 XM/XEMarkets 2chまとめ 」 一覧

【経済】関西・中部への移転も税優遇を 関経連など18団体が共同提言

 tax
1: XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報 2017/08/31(木) 08:09:14.91 ID:CAP_USER9
関西・中部への移転も税優遇を 関経連など18団体が共同提言 2017/8/29 22:34 https://www.nikkei.com/article/DGXLASDF29H0E_Z20C17A8EE8000/

 関西経済連合会や中部経済連合会など関西と中部にある18の経済団体と自治体が29日、2018年度税制改正に向けた共同提言を公表した。東京23区内の企業が地方に本社機能を移すと税優遇する制度の対象に関西や中部も加えるよう求める内容。地域の異なる経済団体や自治体が共同で提言するのは異例だ。  提言には関経連のほか、京阪神や名古屋の商工会議所や府県市が名を連ねた。関経連と中経連は昨年も共同提言したが、自治体なども巻き込むことで年末に向けた税制改正の議論で発言力を高めたい考えだ。  18団体が提言で見直しを求めたのは地方拠点強化税制。15年6月に導入された税制で、調査・企画や研究開発などの本社機能を地方に移し、雇用など一定の条件を満たした場合に法人税を優遇している。現行制度では首都圏や京阪神、名古屋への移転は対象外だ。  同税制は17年度で期限を迎える。そのため延長するかどうかなどを含めて、年末に向けた税制改正で議論される見通しだ。

【【経済】関西・中部への移転も税優遇を 関経連など18団体が共同提言】の続きを読む

XM口コミ・評判 2017年8月版

XM
71: 名無しさん@お金いっぱい。 2017/08/30(水) 13:20:47.77 ID:Ziy8oR5H0
凍結されたから新しく口座作ろうと思ったら。
既にあると出て作れないです。
どうすればいいですか?
もう、どうにもならないんでしょうか。

【XM口コミ・評判 2017年8月版】の続きを読む

【経済】日本のIT企業、年功序列をベースに給与決定する企業85%…「成果主義」は幻想か?

 kyuuryou
1: ニライカナイφ ★ 2017/08/22(火) 20:41:11.74 ID:CAP_USER9
経済産業省と情報処理推進機構は8月21日、IT業界に関する調査結果を発表した。 国を越えたIT人材の獲得競争がし烈化する中、日本に優秀な人材を集めるため、国内IT企業の給与水準や評価制度、採用実態を明らかにする目的で実施された。 対象となった1550社のうち368社と、ウェブアンケートで集まった個人5000人が回答した。

■ 現在年功序列型の企業に所属する人の過半数は「能力・成果重視型」での評価を希望

調査ではIT企業の給与制度を「年功型」、「能力・成果重視型」、「中間型」の三種類に分類。 それぞれの企業群における年齢別の給与水準を比較した。

成果主義が導入されているアメリカやインドでは30代で年収水準のピークを迎えるが、日本ではどの企業群でもそうした傾向はみられず、どの企業にも年功的な部分があると分かった。 55歳時点での最高年収を見ると、「年功型」も「能力・成果重視型」も800万円台と差は開かなかった。

また、それぞれの企業群での最低年収・最高年収の差を見ても、「年功型」は1.4倍、「能力・成果重視型」が約1.6倍と、格差は2倍未満に収まっている。 経産省が昨年実施した調査では、日本のIT企業人材の年代別年収分布は、20代で150万円~1250万円、50代で100万円~2250万円だったのに対し、アメリカの20代は114万円~4578万円、50代でも286万円~3702万円と、日本よりはるかに幅が大きい。

IT企業は、国内の他の産業と比べて実力主義な印象を持たれがちだが、年功序列による評価が根強いのが実態のようだ。 日本では、完全な成果主義で給与が決まる企業は全体の12%しかなく、無回答を除いた残りの85.6%は、程度の差はあれ年功序列をベースにしていた。

ただ、こうした現状を変えたいと思っている労働者は多い。 評価方法に関する質問で「年功より能力や成果が重視されるべき」が67%、「年功で上がるよりも、成果が大きいと大幅な給与アップが望める給与制度がよい」が60.7%と、「能力・成果重視型」の評価を望む声が強かった。 また、所属企業別に見ると、現在年功序列型の企業に所属する人の過半数が「能力・成果重視型」での評価を希望していた。

やればやっただけ給与に反映される評価方法のほうが、働く上でのモチベーションも上がり、労働者の満足にも繋がるのだろう。 調査でも、自社の給与水準が成果主義の人のほうが、現在の給与水準に対する満足度が高くなる傾向が見られた。

■ 情報系学部や専門学校の教育は「即戦力にはならずメリット小さい」との声も

採用に関しては、半数の企業で十分な人数を確保できていないと答えている。 同時に、大学の情報系学部や専門学校に対する不満の声も上がっている。

ある企業は、採用した情報系学部出身者のうち、入社時にプログラミング能力が身に付いている人は「3割以下」だったと感じているという。 「情報系以外で採用した学生より多少知識がある程度」の実力しかなく、

「情報系の学生でも即戦力にはならないので採用する側から見てメリットが余り感じられません。 もっとプログラミング能力を高めるような教育をしても良いのでは?と思います」 と、教育内容の工夫を求めていた。

他にも 「基本情報の資格は保有しているが、専門知識が身についていない情報学部系の学生が見受けられる。 プログラミングやUNIX系OSの扱いなど実践的な教育に力を入れてほしい」 「ITの専門学校や学部を出ていても数年何を学習していたんだというレベルの人が多すぎる。 高専のような即戦力を世の中は求めているように思う」 などの苦言が呈されている。

業界の人手不足改善には人材の育成が不可欠だが、若手の育成を担う教育機関での学習内容と企業ニーズとの間には、解離があるようだ。 調査結果を受けて経産省は、「高い能力・成果を持つ人材にはこれまで以上に高い水準の報酬を提示していくことも、我が国IT関連企業において求められるようになってきているのではないか」と分析している。

キャリコネニュース https://news.careerconnection.jp/?p=39789

【【経済】日本のIT企業、年功序列をベースに給与決定する企業85%…「成果主義」は幻想か?】の続きを読む

株の知識あんまり無くて少額で始めたけど1ヶ月で26万が

 kabu
1: XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報 2017/08/19(土) 21:37:51.335 ID:sKNo8KPDa
27.5万になった
俺って株の天才かもしれん

【株の知識あんまり無くて少額で始めたけど1ヶ月で26万が】の続きを読む

【経済】不動産価格「(今後)下がると思う」34.4%も、購入意欲は低下傾向 「住宅購入に関する意識調査」

 mountion
1: XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報 2017/08/19(土) 22:58:43.44 ID:CAP_USER9
不動産価格「下がると思う」34.4%も、購入意欲は低下? MONEYzine:2017/08/19 22:00 http://moneyzine.jp/article/detail/214842

 不動産価格の上昇で、消費者の買い時感が薄れつつある。数年前との比較でも、購入意欲が低下している様子がうかがえた。

 野村不動産アーバンネット株式会社は、同社が運営する不動産情報サイトの会員1,416名を対象に「住宅購入に関する意識調査(第13回)」を実施し、その結果を8月9日に発表した。 調査期間は7月20日から26日にかけて。

 不動産の買い時感について聞いたところ、「買い時」(買い時だと思う10.7% どちらかと言えば買い時だと思う30.4%)と回答した人は41.1%で、1月に実施した前回調査より3.5ポイント低下した。 一方、「買い時だと思わない」は37.6%で同6.4ポイント上昇した。 「わからない」は21.4%だった。 なお、2013年7月の調査時には、「買い時」と回答した人は63.3%に達していた。 http://moneyzine.jp/static/images/article/214842/214842.jpg

 今後の不動産の価格について聞くと、「上がると思う」と回答した人は22.9%で同0.3ポイント低下する一方、「下がると思う」は34.4%で同7.1ポイント上昇した。 「横ばいで推移すると思う」は31.5%で同3.6ポイント低下、「わからない」は11.2%で同3.2ポイント低下した。 また、2013年7月の調査時には「上がると思う」が44.8%に達し、「下がると思う」が8.8%にとどまっていた。

 一方、マイボイスコム株式会社は、アンケートモニター1万962名を対象に「住宅ローンに関するインターネット調査」を実施し、その結果を公表した。 調査期間は4月1日から5日にかけて。

 本人もしくは配偶者の住宅ローンの借り入れ経験と予定について聞いたところ、住宅ローンを「借りている」は23.8%で、「借りていたが、もう返済が終わった」は24.1%となり、これらをあわせた住宅ローン借り入れ経験者は47.9%となった。 一方、「借りたことがないが、具体的に借りる予定がある」は1.5%で、「借りたことがないし、借りる予定もない」は50.5%に達した。

 過去の調査結果と比較すると、2005年3月調査では「借りている」が35.5%、「借りていたが、もう返済が終わった」が25.3%、「借りたことがないが、具体的に借りる予定がある」が3.3%、「借りたことがないし、借りる予定もない」が35.8%だった。

 不動産価格が上昇したことで、将来の価格下落を予想する消費者が増えつつあり、不動産の買い時感は低下傾向にある。 さらに、約半数の人が住宅ローンを借りる予定がないと考えており、堅調に推移してきた不動産市場が変化を迎えつつあるようだ。

【【経済】不動産価格「(今後)下がると思う」34.4%も、購入意欲は低下傾向 「住宅購入に関する意識調査」】の続きを読む