XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報

XM評判・口コミ – 投資マネーまとめ速報は、海外FX業者「XM」の評判・口コミに関する2chまとめと、FXや株などの投資、経済、お金儲け系情報の2chまとめサイトです。

「 投資 」 一覧

【経済】3月末の日銀の総資産、490兆円程度まで拡大 過去最高を更新

 nitigin
1: XM 評判・口コミ – FX・投資・マネーまとめ速報 2017/05/27(土) 14:19:47.27 ID:CAP_USER9
日銀、2年ぶり増益=5000億円の黒字-17年3月期

 日銀の2017年3月期決算が2年ぶりの増益となったことが26日、分かった。企業の純損益に相当する剰余金は5000億円程度(前期4110億円)の黒字で、大半が国への納付金となる。大規模な金融緩和で大量に国債を買い入れた結果、利子収入が増えた。

 日銀は月内に17年3月期決算を発表する。
 16年9月中間決算では、円高によって保有する外貨建て資産に為替差損が生じ、赤字を計上。通期で赤字となれば納付金が納められず、実質的な国民負担が増える可能性があったが、その後の円高是正で一転黒字となった。

 3月末の日銀の総資産は、国債を中心に(16年3月末405兆円)まで拡大し、過去最高を更新。国債の利子収入は前期(1兆2875億円)を上回ったもようだ。自己資本比率は財務健全性のめどとされる8%(16年9月末は8.0%)を維持した。

 17年3月期決算では、将来の大規模緩和終了時の収益悪化に備える債券取引損失引当金を、4500億~5000億円(前期は4501億円)計上したとみられる。(2017/05/27-08:32)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2017052600975&g=eco

【【経済】3月末の日銀の総資産、490兆円程度まで拡大 過去最高を更新】の続きを読む

【経済】日本郵便元副会長が実名告発「巨額損失は東芝から来たあの人が悪い」

郵便局
1: 天麩羅油 ★ 2017/05/25(木) 15:09:22.11 ID:CAP_USER9
今世紀最大の上場劇、NTT株の再来――華々しい惹句につられて、郵政株に手を出した人はいま後悔しているだろう。まさかの巨額損失に追い込まれた巨象の実情を、元最高幹部がすべて明かす。
私は最初から反対だった

「私が現役だった頃は、郵便局では1円でも懐に入れたら懲戒免職になっていました。サラ金に手を出した職員がいれば、それも解雇した。

郵政公社時代からの職員には、国民の大事なおカネを預かっていることへの強烈な自負がありました。だから、おカネに関する不祥事には非常に厳しく対応してきたのです。

それが、どうしたものでしょうか。いまの日本郵政は4000億円もの損失を計上したにもかかわらず、長門正貢社長をはじめ経営陣は誰一人として、まともに責任を取ろうとしていません。巨額損失の元凶である西室泰三・元社長にいたっては、一切お咎めなしです。

彼らが失った4000億円は、もとはと言えば国民からお預かりした大事なおカネ。それを浪費しながら、のうのうとしている首脳陣の姿は見ていられるものではない。特に巨額損失の全責任を負うべき西室氏に対しては怒りを感じます」

そう語るのは総務省政策統括官から日本郵政公社常務理事に転じ、日本郵便副会長などを歴任した稲村公望氏(68歳)である。

元副会長という大幹部が、実名で当時の社長を批判するというのは異例のこと。稲村氏はそれほどまで、巨額損失を出して会社を傷つけた経営陣に対して、義憤を覚えているということである。

今回、稲村氏は本誌の独占インタビューに応じ、約60分にわたって語り尽くした。

日本郵政はこのほど、オーストラリアの物流子会社トール・ホールディングスの業績悪化から、約4000億円の損失を計上すると発表。この巨額損失によって、2007年の郵政民営化以来、初の赤字に転落することが決定的となった。

その物流子会社であるトール社は、日本郵政が’15年に約6200億円で電撃買収した会社である。この買収劇こそ、当時社長だった西室氏の鶴の一声で決まったものだった。

「東芝社長や東京証券取引所会長を歴任してきた西室氏が安倍政権から請われて日本郵政社長に就いたのは、いまから4年前の’13年のことです。

西室氏は就任時からさっ

以下ソース
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51771

【【経済】日本郵便元副会長が実名告発「巨額損失は東芝から来たあの人が悪い」】の続きを読む

【経済】R32 GT-RにセリカXX… 憧れだった名車たちの中古車相場を徹底調査

車
1: 10分間電マを当ててイキ我慢 ★ 2017/05/24(水) 06:22:41.31 ID:CAP_USER9


少し前の話になりますが、4月15日(土)~16日(日)にお台場にて「MOTOR SPORTS JAPAN 2017」というイベントが開催されました。自動車メーカー各社が国内外のレースに参戦するマシンを展示したほか、タイヤ交換など実際のピット作業を体験できるイベントです。

特設コースではD1グランプリに参戦するマシンのドリフトや2輪のトライアル選手権日本グランプリに出場するライダーの華麗な技を間近で体感。来場者は2日間で12万1664人。日本のモータースポーツシーンも盛り上がっています!

また会場には、“カルチャー&レジェンドゾーン” というエリアが設けられました。「本物のレーシングカーやラリーカーは手に入らないから、せめて雰囲気だけでも楽しもう」と愛車をレプリカカーに仕上げたり、1989年までに製造された懐かしの名車を現在でも大切に乗り続けている人が、自分の愛車を展示できるエリアです。

ワークスチームが展示しているエリアに比べるとひっそりしていましたが、懐かしい車両がたくさん展示されていたこのコーナーは旧車ファンにとって宝島のよう。のんびり展示車両を見ているうちに、ふと「ここにあるモデルを今買おうとすると、いくらくらいするのだろう」と気になり始めたのです。そこで現在の相場や流通台数などの中古車事情を中古車専門サイトであるカーセンサーnetの協力を得て調べてみました。

&GP

https://www.goodspress.jp/howto/98928/
https://www.goodspress.jp/howto/98928/2/

【【経済】R32 GT-RにセリカXX… 憧れだった名車たちの中古車相場を徹底調査】の続きを読む

「投資信託しなよ貯金じゃお金増えないぞ」「ふーん資金減ることってあるの?」

貯金
1: 名無しさん@おーぷん 2017/05/24(水)15:04:44 ID:qtL
「あるよ」
「なにそれバクチじゃん貯金するわ」

【「投資信託しなよ貯金じゃお金増えないぞ」「ふーん資金減ることってあるの?」】の続きを読む

【芸能】GACKTの飽くなき投資熱 113億円集金詐欺にハマっても…

詐欺
1: 鉄チーズ烏 ★@ ©2ch.net 2017/05/23(火) 07:13:32.62 ID:CAP_USER9

銭のためなら女も泣かす?

〈「オレには才能がない」/ボクはこの言葉が一番嫌いだ〉。ゴールデンウィーク期間中、レコーディングに励んでいたGACKT(43)は、その合間に自身のブログにこう書き込んだ。確かに、ドラマに映画にと、マルチに大々活躍を続ける彼に才能がないはずはない。ある一点を除けば……。

 ***

 溢れる才能を活かし、歌手、そして俳優として活動を続けているGACKT。しかしよく考えてみると、熱狂的なファンでもない限り、彼の歌を知っている人がどれだけいるだろうか。むしろ、毎年恒例となっている正月の人気番組で、あらゆるものの違いを見極め、「間違わない男」の称号を恣(ほしいまま)にしている「バラエティタレント」として彼を認識している人のほうが多いのではないか。

 そんな間違わない男であるはずのGACKTが、計113億円を集金して事件化した投資詐欺に嵌り、警視庁に被害届まで出す羽目になるという「大間違い」を犯していたことは本誌(「週刊新潮」2016年9月22日号)で報じた通りだ。彼の損失は、

「億単位だったと聞いている」(GACKTの知人)

 と言うから、投資の才能にだけは恵まれているとは言い難いGACKTだが、

「彼はとにかく投資話が好きでね。『週刊新潮』で書かれた話以外にも、いくつか投資をやっていると聞いています」(同)

 そうした姿を目の当たりにしていたGACKTの元彼女で、化粧品のCMに女性ながら丸刈りで登場したことで話題となった歌手のICONIQ(アイコニック)(現在は女優として伊藤ゆみ名で活動)は、彼の投資を否定的に見ていた。

■キャバクラでも投資話


歌手のICONIQ(現在は女優として伊藤ゆみ名で活動)

 GACKTの事務所関係者が声を潜める。

「付き合っていた当時、GACKTは彼女を自宅に住まわせ、事実上の『伴侶』としていた。そんな妻同然だったICONIQは、『週刊新潮』に報じられることになる投資にのめり込んでいたGACKTを心配し、窘(たしな)めていたんです。でも、彼は聞く耳を持たなかった。破局の大きな原因の一つは、GACKTの『投資癖』にあったんです」

 にも拘(かかわ)らず、彼の投資欲は失せていないようで、

「4月上旬、東京のキャバクラでGACKTさんを含めた15人ほどの飲み会があったんですが……」

 と、その場に居合わせたキャバクラ関係者が明かす。

「VIPルームでシャンパンを5、6本空けながら、GACKTさんはキャバ嬢よりも参加していた男性と話していました。彼は今、マレーシアと日本を行き来しているんですが、会話の内容は『マレーシアでマンション投資するならあそこの土地がいいよ』『そこの場所は良くない。もっと稼げるところがある』といったものでした。『全員、マレーシアに住め!』とも言っていましたね」

 マレーシアでよほど「おいしい話」に遭遇したのだろうか……。

 GACKTを知る芸能関係者が眉を顰(ひそ)める。

「報じられた投資詐欺をGACKTに持ち掛けた男は、本名と名刺の名前の表記を変えたりするような、いかにも胡散臭い奴で、ICONIQに限らず、周りの友だちも怪しんでいた。それなのに彼は突っ走ってしまった。つまりGACKTは、人を見る目がないんでしょうね」

 だが、彼は決して認めはしまい。なにしろ一番嫌いなのだから、次の言葉が。

「オレには詐欺話を見極める才能がない」

ワイド特集「女と男の『劇場』」より

週刊新潮 2017年5月18日菖蒲月増大号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
https://www.dailyshincho.jp/article/2017/05230556/?all=1

【【芸能】GACKTの飽くなき投資熱 113億円集金詐欺にハマっても…】の続きを読む